料金体系 
API料金

無料で試す

ダーク

ライト

システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ(9/14更新)

NEW MODEL
モデル生成
対訳ファイルアップロードして、モデルを生成します。
本機能はT-3MTエンジンでご利用いただけます。
Endpoint
Request details
POST
https://translate.rozetta-api.io/api/v1/training/train
Header
Header
Description
Content-Type
multipart/form-data
Body
Key
Required
Description
file
トレーニングのファイル。 使用できるファイル形式はxlsx、tmxです。 ファイル内には10行以上、1万行以下のサンプルをご用意ください。
first_lang
第一列の言語。 第一列の言語と第二列の言語の順番に関係なく、 第一列の言語を第二列の言語に翻訳するモデル、第二列の言語を第一列の言語に翻訳するモデルのどちらでも生成することもできます。
second_lang
第二列の言語。
field
分野ID。 日英以外で指定できる分野IDはL000001のみです。 日英の場合はL000001以外をご指定ください。 対応の分野IDのリストは「T-3MTエンジン分野照会」を参照してください。
name
モデル名。 モデル名をつけてください。(指定しない場合は、適当なモデル名が自動生成されます。)
Request例
curl --location --request POST 'https://translate.rozetta-api.io/api/v1/training/train' --header 'accessKey: YOUR_ACCESSKEY' --header 'signature: CREATED_SIGNATURE' --header 'nonce: 987' --header 'Content-Type: multipart/form-data' --form 'file=@"YOUR_FILE_PATH"' --form 'name="Sample"' --form 'firstLang="en"' --form 'secondLang="ja"' --form 'field="L120001"' --form 'contractId="YOUR_CONTRACT_ID"'
Response
Key
Description
name
モデル名。
jid
ジョブID。 モデルの生成状態を照会できます。
Response例
{
  "name": "サンプルファイル翻訳",
  "jid": "J72739505"
}

api/v1/training/train
モデルをトレーニングします。
const axios = require('axios');
const FormData = require('form-data');
const fs = require('fs');

const data = new FormData();

const authUtils = require('./utils/auth-utils');


data.append('file', fs.createReadStream('YOUR_FILE_PATH'));
data.append('name', 'Sample');
data.append('firstLang', 'en');
data.append('secondLang', 'ja');
data.append('field', 'L120001');
data.append('contractId', 'YOUR_CONTRACT_ID');

const authConfig = {
  accessKey: 'YOUR_ACCESS_KEY',
  secretKey: 'YOUR_SECRET_KEY',
  nonce: new Date().getTime().toString()
};

const path = '/api/v1/training/train';

const signature = authUtils.generateSignature(
  authConfig.nonce,
  path,
  authConfig.secretKey,
);

const config = {
  method: 'post',
  url: 'https://translate.rozetta-api.io/api/v1/training/train',
  headers: {
    accessKey: authConfig.accessKey,
    signature,
    nonce: authConfig.nonce,
    'Content-Type': 'multipart/form-data',
    ...data.getHeaders()
  },
  data : data
};

const main = async () => {
  try {
    const response = await axios(config)
    console.log(JSON.stringify(response.data));
  } catch (error) {
    console.log(error);
  }
}

main();
認証については、「認証方法」をご参照ください。
各言語の完全版のサンプルコードをここで参照できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^