ご利用方法 
すぐにアカウントを発行

無料で試す

ダーク

ライト

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

システムメンテナンスのお知らせ(09/17更新)

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

TEXT TRANSLATION
非同期・テキスト送信
時間がかかる翻訳に便利な非同期翻訳機能も提供しております。翻訳結果が返ってくるまで待つ必要がなく、都合の良いタイミングで翻訳結果を取得できます。
本機能はT-4OOエンジン、T-3MTエンジンがご利用いただけます。
Endpoint
Request details
POST
https://translate.rozetta-api.io/api/v1/translate/async
Header
Header
Description
Content-Type
application/json
accessKey, nonce, signature
「認証方法」をご参照ください。
Body
Key
Required
Description
fieldId
O
分野ID。 正しく指定することで翻訳精度を向上させることができます。 専門分野 を参照してください。 T-3MTエンジンを利用する場合は、「T-3MT用分野」 または「モデルID」を入力してください。
text
O
翻訳の原文。 文字列のリストで指定してください。 空文字列を指定しないでください。 配列の各要素の長さは200ワード以内でお願いいたします。 配列内全体のサイズの上限は270KBです。(日本語9万ワード相当)
sourceLang
O
原文の言語。 一部の言語(zh-CN、zh-TWなど)以外はISO 639-1コードで指定します。 言語を自動判定する場合、autoで指定してください。現在英語、日本語、中国語を自動判定できます。 また、すべての対応言語は「言語一覧取得」を参照してください。
targetLang
O
訳文の言語。 一部の言語(zh-CN、zh-TWなど)以外はISO 639-1コードで指定します。 対応の言語は「言語一覧取得」を参照してください。
contractId
契約のID。 保有する契約が一つのみの場合、指定する必要はございません。 複数保有する場合は、契約IDの指定が必要です。 (利用するAPIが跨がる場合も含めます。例:テキスト翻訳とファイル翻訳の契約をそれぞれ保有している場合は、指定が必要。) 契約IDからご利用中のエンジンを判断できます。
autoSplit
長文(1000ワード数以上)を自動分割する場合、trueを指定してください。英語、日本語、中国語の原文を分割できます。
Body (T-4OOエンジン利用時のみ)
Key
Required
Description
removeFakeLineBreak
T-4OOエンジン利用時のみ。 true (ディフォルト)を指定する場合、配列内の要素(テキスト)を結合、翻訳し、出力します。 falseを指定する場合、原文の形式のままで翻訳し、出力します。
t4ooCategoryId
T-4OOエンジン利用時のみ。 対訳ID。複数選択する場合はIDにカンマを入れて連結します。(例)101,252,301 指定された分野ごとにユーザに紐づく対訳IDを自動取得します。 対訳を使用しない場合、"-1"を指定してください。 ※IDは別途ご連絡致します。 ※isT4ooSplitとの併用が必要な場合があります。詳しくはisT4ooSplitの例をご参照ください。
t4ooGlossaryId
T-4OOエンジン利用時のみ。 統一用語ID複数選択する場合はIDにカンマを入れて連結します。(例)101,252,301 指定しない場合は、ユーザに紐づく統一用語ID(個人統一用語、グループ統一用語)を自動取得します。 統一用語を使用しない場合、"-1"を指定してください。 ※IDは別途ご連絡致します。
isT4ooSplit
T-4OOエンジン利用時のみ。 falseまたは指定しない場合は、入力原文の各要素単位で翻訳します。 trueの場合は、入力原文の各要素を文(センテンス)に分割し、センテンス単位で翻訳します。 次のようなケースでは、本パラメータの値により対訳の適用状況が変わるため、翻訳結果の訳文に相違が生じます。 【対訳】”That is a dog.” “対訳試験” 【入力原文】”That is a bag.That is a dog.” 【訳文(isT4ooSplit は false の場合)】” あれはかばんです。あれは犬です。” 【訳文(isT4ooSplit は true の場合 )】” あれはかばんです。対訳試験”
Request例
{
    "fieldId": "1",
    "text": [
    "This is a pen.",
    "I like apple."
    ],
    "targetLang": "ja",
    "sourceLang": "en",
}
Response
Key
Description
status
成功の場合は「success」、失敗の場合は「failure」 を返します。
queueId
キューID。 翻訳結果の取得に必要です。
Response例
{
  "status": "success",
  "data": {
    "queueId": "ae914ccc-8866-43bc-8a26-0a652c4f1819"
  }
}
Limitation
制限
T-4OOエンジンのみ。Key(accessKey)1つにつき、1分あたりのリクエスト数は「60」までです。超過の場合はエラーとなります。60秒以上の間隔をあけて、再度リクエストを送信してください。

api/v1/translate/async
「This is a pen.」と「I have an apple.」二文を英語から日本語に翻訳するリクエストをPOSTして、キューIDを取得します。
// Define struct of request json body
type TranslateJson struct {
  FieldId string `json:"fieldId"`
  Text []string `json:"text"`
  TargetLang string `json:"targetLang"`
  SourceLang string `json:"sourceLang"`
}

// Post translate request and get queue ID
func PostApiExample(accessKey, secretKey, basePath, nonce string) {
  translatePath := "/api/v1/translate/async"
    
  signTranslate := MakeHMAC(nonce, translatePath, secretKey)

  testJson := &TranslateJson{
    FieldId: "1",
    Text: []string{"This is a pen.", "I have an apple."},
    TargetLang: "ja", 
    SourceLang: "en",
    ContractId: "your contractId"}
  jsonValue, _ := json.Marshal(testJson)

  client := &http.Client{}
  req, err := http.NewRequest(
    "POST",
    GetFullUrl(basePath, translatePath),
    bytes.NewBuffer([]byte(jsonValue)),
  )
  req.Header.Set("Content-Type", "application/json")
  req.Header.Set("nonce", nonce)
  req.Header.Set("accessKey", accessKey)
  req.Header.Set("signature", signTranslate)
  res, err := client.Do(req)
    
  if err != nil {
    fmt.Printf("The HTTP request failed with error %s\n", err)
  } else {
    data, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)
    fmt.Println(string(data))
  }
}
認証については、「認証方法」をご参照ください。
各言語の完全版のサンプルコードをここで参照できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^