ご利用方法 
すぐにアカウントを発行

無料で試す

ダーク

ライト

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

システムメンテナンスのお知らせ(09/17更新)

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

USER DICTIONARY
専門用語削除
登録した専門用語を削除します。
本機能はT-4OOエンジン、リアルタイム翻訳エンジン、T-3MTエンジンがご利用いただけます。
Endpoint
Request details
DELETE
https://translate.rozetta-api.io/api/v1/dictionary/<id>
Path parameter
Path parameter
Description
id
専門用語のID
Header
Header
Description
Content-Type
application/json
accessKey, nonce, signature
「認証方法」をご参照ください。
Request例
curl -H "nonce: Your Nonce" -H "accessKey: Your Access Key" -H "signature: Your Signature" -H "Content-Type: application/json" -X DELETE https://translate.rozetta-api.info/api/v1/dictionary/12
Response
Key
Description
status
成功した場合、「success」を返します。失敗した場合、「failure」を返します。
Response例
{
  "status": "success"
}
Limitation
制限
リアルタイム翻訳エンジンの場合、一つの文で、専門用語は3つ以内で指定してください。 例: "猫"→"Kitty" "犬"→"Marutaro" "ウサギ"→"Peter" "クマ"→"Teddy" 一回のリクエストで下記の原文を翻訳すると ["これはです。それはです。ウサギクマも動物です。", "ウサギクマも可愛いです。"] 以下の結果になります。 ["This is Kitty. It is Marutaro. Both Peter and bears are animals.", "Both Peter and Teddy are cute."] ※一つ目の文は「猫」、「犬」、「ウサギ」3つの専門用語は既に適用されているため、「クマ」は適用されません。

api/v1/dictionary/<id>
専門用語を削除します。
func DeleteUserDictionaryEntry(basePath string) {
  apiURL := "/api/v1/dictionary/<ENTRY_ID>"

  client := &http.Client{}
  req, _ := http.NewRequest("DELETE", GetFullUrl(basePath, apiURL), nil)
  res, err := client.Do(req)

  if err != nil {
      fmt.Printf("The HTTP request failed with error %s\n", err)
  } else {
      data, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)
      data, _ = prettyprint(data)
      fmt.Println(string(data))
  }
}
認証については、「認証方法」をご参照ください。
各言語の完全版のサンプルコードをここで参照できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^