ご利用方法 
すぐにアカウントを発行

無料で試す

ダーク

ライト

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

システムメンテナンスのお知らせ(09/17更新)

ファイル翻訳の旧拡張子のサポート終了のお知らせ(08/24更新)

AUTHENTICATION
JWT 認証(生成)
認証用のJWTを生成します。
Rozetta APIを利用して、JWTを生成、取得することもできます。こちら を参照してください。

01

/

JWTを生成します。


/**
 * Demo program for generating JWT (JSON Web Token).
 */

const jwt = require('jsonwebtoken');

const TOKEN_SIGNING_OPTIONS = {
  algorithm: 'HS256',
};

const userId = 'MyUserID';
const accessKey = 'my-access-key';
const secretKey = 'my-secret-key';
// seconds
const validDuration = 60 * 30;

const payload = {
  exp: Math.floor(Date.now() / 1000) + validDuration,
  iss: userId,
  accessKey,
};

const encodedJWT = jwt.sign(payload, secretKey, TOKEN_SIGNING_OPTIONS);

console.log(`JWT:${encodedJWT}`);
現在、RozettaAPIではHS256で生成されたトークンのみ、利用可能です。(HMACはSHA-256ハッシュアルゴリズムを使用しています。)

02

/

JWTでAPIリクエストを送信します。


/**
 * Demo prorgram of authentication by JWT.
 */

const fetch = require('node-fetch');

const token = 'my-jwt';

const sampleRequest = async () => {
  const url = 'https://translate.rozetta-api.io/api/v1/hello';
  const response = await fetch(url, {
    method: 'GET',
    headers: {
      Authorization: `Bearer ${token}`
    }
  });
  const responseJSON = await response.json();
  console.log(responseJSON);
};

sampleRequest();
リクエスト送信時には、Authorizationヘッダーの追加が必要です。値は `Bearer <jwt-token>`です。`<jwt-token>`は上記で生成したJWTの値を利用してください。
上記のサンプルでは、​​例として `/ api / v1 / hello` APIを使用していますが、他のRozettaAPIでもJWT認証を利用できます。
©️ 2019 Rozetta API  ・  Powered by Rozetta

株式会社ロゼッタ

^