料金体系 
テキスト翻訳料金

ダーク

ライト

システムメンテナンスのお知らせ(8/13更新)

TERMS OF USE
利用規約

本規約は、株式会社CLASS Ⅲが提供するサービス「CLASS Ⅲ API」(以下「本サービス」といいます。)におけるご利用規約となります。

第 1 条 (適用)

1.本規約は、株式会社CLASS III(以下「当社」といいます)がユーザーに提供するAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)サービスである「CLASS IIIAPII」の利用に係る一切の関係に適用され、利用に際しては、ユーザーが本規約に同意していることが前提となります。

2.本規約と個別の利用契約の規定が異なる場合は、個別の利用契約の規定が優先して適用されるものとします

第 2 条 (適用)
本規約における用語の定義は、次のとおりとします。

1.「本サービス」とは、当社が提供する「T-4OO」の機械翻訳エンジンを使用する「CLASS III API」をいいます。

2.「ユーザー」とは、 「CLASS III API」を利用する者(個人、法人およびその他の団体、ならびに、法人およびその他の団体に所属する各個人)全てに該当する者をいいます。

3.「ユーザーID」とは、「CLASS III API」を利用する(個人、法人およびその他の団体、ならびに、法人およびその他の団体に所属する各個人)全てに該当する者に発行される代表IDをいいます。

4.「パスワード」とは、「AccessKey」および「SecretKey」の総称とします。

5.「本情報」とは、ユーザーが本APIを通じて取得することができる本サービスに関する情報を意味します。

第 3 条 (ユーザーの義務)

1.パスワードの管理

(1)ユーザーは、自己の責任において、パスワードを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

(2)パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

(3)ユーザーは、パスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

2.通信環境等

(1)ユーザーが国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、経由するすべてのネットワークの規則に従わなければなりません。

(2)「CLASS III API」の利用に必要な端末および通信回線の購入、設定等は、すべてユーザーの責任と負担で行うこととします。

3.その他

ユーザーの責めにおいて他のユーザーまたは第三者から当社に何らかの請求がなされるか、訴えが提起されるなど紛争が生じた場合、ユーザーは自己の責任と負担においてこれを解決するものとします。

第 4 条 (料金および有効期間)

1.「CLASS III API」の利用に係る料金および利用できる期間(以下「有効期間」といいます)は別紙料金表に定めます。但し、当社の販売パートナーを経由して本サービスの利用申し込みをする場合は、別途、販売パートナーが示す料金表に定めます。

2.振込手数料等の支払に係る諸費用は、ユーザーの負担とします。

3.支払われた料金は、理由の如何に関わらず返金しないものとします。

第 5 条 (規約の変更)

1.「CLASS III API」の利用に係る料金および利用できる期間(以下「有効期間」といいます)は別紙料金表に定めます。但し、当社の販売パートナーを経由して本サービスの利用申し込みをする場合は、別途、販売パートナーが示す料金表に定めます。

(1)本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき

(2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

2.当社は、前項による本規約の変更にあたり、変更後の規約の効力発生時期が到来 する前に本規約を変更する旨及び変更後の規約の内容並びにその効力発生時期を本規約に定めるいずれかの方法によりユーザーに通知します。

3.前2項および第7条(通知)の定めは、前条の諸規程にも準用されるものとします。

第 6 条 (提供するサービス)

1.当社が本規約に基づ き提供する「CLASS III API」の 詳細 は当社所定の方法にて定めるとおりとし、かつ当社がその時点で提供可能なものとします。

2.当社は、「CLASS III API」の内容の一部または全部をユーザーの承諾なくいつでも変更することができるものとします。

第 7 条 (通知)

本APIの利用に関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する 連絡又 は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する 連絡又 は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

第 8 条 (業務委託)

当社は、「CLASS Ⅲ API」に関する業務の全部または一部を第三者に委託できるものとします。この場合、当社は、当該委託先(以下「委託先」といいます。)に対し、第 21 条 (個人情報保護) および第 22 条 (秘密保持)のほか、本規約に定める当社の義務と同等の義務を負わせるものとし、委託先の行為について、委託先と連帯してその責任を負うものとします。

第9 条 (利用契約の成立)

1.「本サービス」を利用しようとする者は、所定の申込書式、手順により登録および利用申込を行うものとします。なお、利用申込者が未成年の場合は保護者の同意を得ていることを前提とします。未成年の方は、必ず保護者の方の同意を得てからお申込ください。なお、利用申込者は、本規約の 内容を承諾のうえかかる申込を行うものとし、申込を行った時点で、当社は、利用申込者が利用規約の内容を承諾しているものとみなすことができます。

2.利用契約は、前項の申込後、当社が「本サービス」の利用に係る料金の支払を確認し、当社所定の方法によりアカウント発行の通知を発信したときに成立するものとします(以下、「アカウント発行日」といいます)。なお、当社が通知するユーザーID およびパスワードは、かかる通知後有効となります。

3.前項の承諾を行うか否かは当社の任意であり、当社が承諾を拒絶した場合でも、利用申込者は一切異議を述べないものとします。

4.「本サービス」を利用しようとする者は、現在および将来にわたり、本項第 1 号ないし第 6 号のいずれにも該当しないこと、及び本項第 7 号ないし第 11 号のすべての行為を行わないことを表明及び保証した上で、本条第 1 項の利用申込を行うものとします。また、利用申込後に、当該表明及び保証に反する事実またはそのおそれがあると当社が合理的に判断した場合は、当社は利用者に対して書面による報告の提出を要求することができるものとし、利用者は正当な理由なく拒否できないものとします。

(1)暴力団、暴力団員、暴力団に関係する個人または法人その他の団体(その役員(相談役、顧問その他いかなる名称であるかを問わない。以下同じ。 )、使用人その他の構成員を含む。以下同じ)、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ(社会運動、人権運動、政治運動などを標榜して、市民または企業に対して不当要求を行った個人または法人その他の団体)、社会の秩序、市民の安全などを害する行為を行う個人または法人その他の団体、特殊知能暴力集団等 、または 、その他これらの者と社会的に非難される関係していると認められる者(以下これらを「反社会的勢力」という)に該当すること

(2)反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること

(3)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

(4)自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること

(5)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

(6)役員または経営に実質的に関与している者が 、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

(7)暴力的な要求行為

(8)法的な責任を超えた不当な要求行為

(9)取引に関して脅迫的な言動し、または暴力を用いる行為

(10)風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の信用を毀損し、または業務を妨害する行為

(11)その他前各号に準じる行為

第 10 条 (本情報の使用)

1.ユーザーが本APIを通じて取得できる本情報の範囲は、当社が単独の裁量により決定するものとします。

2.ユーザーは、本情報を、対象サイト等において、かつ、本サービスの運営、広告及び宣伝のためになる範囲でのみ使用することができるものとし、それ以外に使用してはならないものとします。

3.ユーザーは、本情報について、前項の使用に合理的に必要な範囲でのサイズの変更を除き、一切の変更、改変、翻案を行ってはならないものとします。

4.ユーザーは、対象サイト等に本情報を掲載する場合には、当該本情報の元となる本サービス上のURLに対するリンクを設置しなければならないものとします。

5.ユーザーは、対象サイト等に本情報を掲載した後において、当該本情報の元となる本サービス上の本情報が変更された場合には、速やかに対象サイト等上の本情報を、本サービス上の本情報に合わせるための措置をとらなければならないものとします。

6.ユーザーは、CLASS ⅢⅢユーザーから要請があった場合、当該CLASS ⅢⅢユーザーに関して本APIを通じて取得した本情報の全部又は一部を削除するものとします。ユーザーは、CLASS ⅢⅢユーザーがかかる要請を行うための通報フォーム等の簡易な手段を当社の指示に従って提供するものとします。

7.ユーザーは、利用契約が終了した場合又は当社から求められた場合、遅滞なく、当社の指示に従い、本情報を対象サイト等から削除しなければならないものとし、かつ、本情報並びに本情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければならないものとします。

8.ユーザーが本条の規定に違反した場合、ユーザーは当社に対し当社がこれにより被った一切の損害(弁護士費用を含みます。)及び損失を賠償又は補償するとともに、当社は、ユーザーに通知することにより直ちに利用契約を将来に向かって解除することができるものとします。

第 11 条 (報告義務)

1.ユーザーは、本APIの利用状況その他に関して当社が指定する事項について、当社の請求がある場合はいつでも、当社の指定する方法で報告を行わなければならないものとします。

2.前項に定める報告の内容が真実又は正確でなかった場合には、ユーザーは当社に対し当社がこれにより被った一切の損害(弁護士費用を含みます。)及び損失を賠償又は補償するとともに、当社はユーザーに通知することにより直ちに利用契約を将来に向かって解除することができるものとします。

第 12 条 (監視)

当社は、ユーザーが本サービスを適正に利用しているかどうかを監視する業務を当社の裁量により行うものとし、ユーザーはそれに同意するものとします。 第 13 条 (ダウンロード等についての注意事項) ユーザーは、本APIの利用開始に際し又は本APIの利用中に、ダウンロードその他の方法によりデータ等をユーザーのコンピューター等にインストールする場合には、ユーザーが保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社はユーザーに発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。

第 13 条 (ダウンロード等についての注意事項)

ユーザーは、本APIの利用開始に際し又は本APIの利用中に、ダウンロードその他の方法によりデータ等をユーザーのコンピューター等にインストールする場合には、ユーザーが保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社はユーザーに発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。

第 14 条 (権利譲渡等の禁止)

ユーザーは、本規約上の権利義務の全部または一部につき、第三者に譲渡し、貸与し、または担保提供することができません。

第 15 条 (ユーザーの氏名等の変更)

ユーザーは、その氏名・商号等の名称、住所、電子メールアドレス、電話番号等に変更があった場合は、速やかに諸規程所定の方法によりその旨を当社に通知するものとします。

第 16 条 (サービス提供の停止)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、ユーザーに対する「CLASS Ⅲ API」の全部または一部の提供を事前の通知を要しないで停止することができるものとします。

(1)ユーザーが利用契約に関して当社に支払うべき金員の支払を遅滞した場合

(2)ユーザーが本規約のいずれかの条項に違反した場合

(3)ユーザーが利用契約の申込に際し虚偽の事項を記載したことが判明した場合

(4))ユーザーが「CLASS Ⅲ API」を利用する者として不適当であると当社が判断した場合

(5)ユーザーが第 20 条(禁止事項)に定める禁止事項に該当する行為を行なった場合

(6)ユーザーがCLASS Ⅲ API運営に用いるサーバ・ネットワーク等に過大な負荷を生じさせる行為を行った場合、他のユーザーの利用に支障が生じるおそれがあるなど、業務遂行上または技術上支障がある、またはそのおそれがあると当社が判断した場合

(7)当社が「CLASS Ⅲ API」に関する事業の全部または一部を停止する場合(当社は、当社の判断により「CLASS Ⅲ API」に関する事業の全部または一部を停止できるものとします)

(8)前各号に準ずる事情がある場合

第 17 条 (サービス提供の中断、中止終了)

1.当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、ユーザーに通知の上(ただし緊急の場合を除く)、「CLASS Ⅲ API」の全部または一部の提供を中断することができるものとします。

(1)当社が利用する電気通信設備等に障害が発生した場合

(2)電気通信事業者または国内外の電気通信事業体が電気通信サービスの提供を中止することにより「CLASS Ⅲ API」の提供を行うことが困難になった場合

(3)定期若しくは緊急保守

(4)天変、地変その他の非常事態の発生により、サービスの提供が不可能または困難になった場合、またはその可能性がある場合

(5)前各号に準ずる事情がある場合

(6)その他当社が合理的と認める事由が生じた場合

2.当社は、(3)を除く前項各号に該当する事情が生じ、その程度が甚大、深刻である場合、ユーザーに通知の上(ただし緊急の場合を除く)、「CLASS Ⅲ API」の全部または一部を中止終了することができるものとします。

第 18 条 (解除)

当社は、ユーザーが次のいずれかに該当した場合は、催告を要しないで利用契約の全部または一部を解除することができます。

(1)強制執行、競売、差押、仮差押、滞納処分、破産、民事再生もしくは会社更生の申立を受け、または破産、民事再生もしくは会社更生の申立をなした場合

(2)解散した場合

(3)手形または小切手の不渡りを出した場合

(4)監督官庁から営業の取消または停止の処分を受けた場合

(5)第 16 条(サービス提供の停止)の各号のいずれかに該当する場合

(6)第 9条(利用契約の成立) 第 4項の表明及び保証の内容に反する事実またはそのおそれがあると当社が合理的に判断した場合

(7)前各号に準ずる事情または利用契約の継続を困難と当社が判断する事情が生じた場合

第 19 条 (データの保存および消去)

1.当社は、ユーザーの事前の承諾なくして、ユーザーの「CLASS Ⅲ API」の利用に関するデータを複製し、それを保管することができるものとします。

2.当社は、解除、期間満了等により利用契約が終了した場合は、ユーザーに通知を要しないで、「CLASS Ⅲ API」の利用に関して当社サーバ内に保存されたデータ(前項に定める複製データを含む)を全て消去するものとします。

3.前項によるデータ消去について、ユーザーは、これに対し一切異議を述べず、当社は、これによるユーザーの損害または不利益について一切責任を負わないものとします。

第 20 条 (禁止事項)

ユーザーは、「CLASS Ⅲ API」を利用するに際し、次の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

(1)国内外の諸法令、諸規則または公序良俗に反する様態により利用すること

(2)当社、他のユーザーまたは第三者の財産権(著作権等の知的財産権を含みます)、プライバシー等の権利を侵害する、又は当社若しくは第三者に不利益を与える行為

(3)当社、他のユーザーまたは第三者を誹謗中傷する情報を流すこと

(4)CLASS Ⅲ API」および付属物の全部または一部を複製、修正、改変、二次利用し、リバースエンジニアリングまたは逆アセンブル、逆コンパイルすること、または第三者にこのような行為をさせること

(5)当社からの書面による事前の許可なくして、「CLASS Ⅲ API」のシステムに対して自動クエリを送信すること。自動クエリにはメタサーチやオフラインでの「CLASS Ⅲ API」の利用などが含まれます。

(6)当社からの書面による事前の許可なくして、ユーザーに提供されている「CLASS Ⅲ API」のインターフェイス以外の手段を用いてアクセスを行うこと

(7)当社がユーザーの行為として不適当であると判断して中止を指示した行為

(8)その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する態様・目的でリンクをはる行為

(9)CLASS Ⅲ APIで翻訳した情報(原文と自動翻訳文の対訳セット、『究極の辞書』の辞書や訳例)を自動翻訳等他の類似サービス開発のための学習データとして利用したり、提供したりすること

(10)前各号に準ずる行為

第 21 条 (個人情報保護)

1.当社は、以下各号のいずれかに該当する目的にのみ個人情報を利用できるものとし、当該ユーザーの事前の承諾がない限り、その他の目的には一切使用しないものとします。

(1)ユーザーとの連絡、協力、交渉、契約の履行、履行請求など

(2)保守・サポートの提供など

(3)より良い商品・サービス開発のための調査・分析など

(4)商品・サービスの販売・提供・納品、販売・サービス窓口の紹介、セミナー・展示会等のイベント案内、商品・サービスの情報や宣伝物等の提供など

2.当社は、前項に規定する場合を除き、収集した個人情報を無断で提供、使用いたしません。ただし、次の各号に該当する場合は、ユーザーの事前の同意を得ることなくユーザーの個人情報を提供する場合があります。

(1)公的機関から法律に基づく正式な照会を受けた場合、または法令によって当社が開示義務を負う場合

(2)人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要がある場合 第 22条 (秘密保持) 当社およびユーザーは、利用契約の履行に際し知り得た秘密を事前の承諾なく第三者に漏らさないものとします。ただし、次のいずれかに該当する場合は、この限りではありません。 (1) 開示の時点ですでに公知のもの、または秘密情報を受領した当事者の責めによらずして公知となったもの

(3)第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの

(4)開示の時点ですでに保有しているもの

(5)独自に開発したもの

(6)情報の開示に同意している場合

(7)当社が「CLASS Ⅲ API」の利用動向を把握する目的について第三者に説明するための資料を作成する目的で、ユーザーを特定できない範囲で情報を収集し統計をとる場合

(8)前各号に準ずる場合

第 23条 (免責)

1.当社は、ユーザーが「CLASS Ⅲ API」の利用または利用できなかったことに関して損害または不利益を被った場合(データの消失を含みます)について、一切責任を負わないものとします。なお、これには以下各号に該当する場合が含まれます。

(1)第 6 条(提供するサービス)第 2 項による「CLASS Ⅲ API」の内容の変更

(2)第 16 条(サービス提供の停止)による「CLASS Ⅲ API」の提供の停止

(3)第 17 条(サービス提供の中断、中止終了)による「CLASS Ⅲ API」の提供の中断、中止終了

(4)第 18 条(解除)による利用契約の解除

(5)有効期間の満了等による利用契約の終了

(6)前各号に準ずる場合、もしくは、その他の事由による「CLASS Ⅲ API」の利用不能

2.第三者が、ユーザーID およびパスワード等を不正に使用する等の方法で、「CLASS Ⅲ API」を不正に利用したことにより、ユーザーまたは第三者に損害を与えた場合、当社はその損害について一切責任を負いません。

3.当社は、「CLASS Ⅲ API」およびユーザーが「CLASS Ⅲ API」を利用することによって得る情報等の正確性、最新性、完全性、有用性等いかなる保証をもするものではなく、一切責任を負いません。

4.当社は、ユーザーが使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。また 本サービス利用の際に発生した電話会社または各種通信業者より請求される接続に関する費用は、ユーザーが自己責任において管理するものとし、当社は、いかなる保証も行わないものとします。

5.「CLASS Ⅲ API」の使用に関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間で紛争が生じた場合、またはユーザーが他のユーザーまたは第三者に損害を与えた場合、ユーザーの責任と負担によって解決するものとし、当社は一切責任を負いません。また、これらにより当社に損害が発生した場合は、ユーザーは、これを賠償しなければなりません。

6.当社は、第三者からの不正アクセスを未然に防ぐため、管理状況が不良と判断されるインターネット接続業者を経由した第三者からのアクセスについて、その善意悪意を問わず、これを制限することができます。これによって生じるユーザーまたは第三者の損害または不利益について、当社は一切責任を負いません。

7.当社の善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない「CLASS Ⅲ API」設備等への不正アクセス又はアタック、通信経路上での傍受等により発生したユーザーまたは第三者の損害または不利益について、当社は一切責任を負いません。

8.当社は本サービスを提供するためにインターネットを経由して第三者のデータセンターを利用します。ユーザーは、本サービスが、かかる第三者のデータセンターを利用することによる制限、遅延、その他の問題の影響を受ける場合があることを認識するものとし、当社は、かかる問題に起因する本サービスの遅延や不稼働、その他の損害または不利益について、当社は一切責任を負いません。

9.「CLASS Ⅲ API」サイトから他の WEB サイトやリソースへのリンクあるいは広告が提供されている場合、これらのリンク先や広告主の取引は、すべてユーザーと当該リンク先もしくは広告主との間で行っていただきます。これによって生じるユーザーまたは第三者の損害または不利益について、当社は一切責任を負いません。

第 24 条(ユーザに関する情報の収集、解析及び取扱い)

1.当社による登録情報、端末情報等その他ユーザに関する情報の取扱いについては、別途定める「CLASS ⅢⅢプライバシーポリシー」によるものとし、ユーザは、 CLASS ⅢⅢプライバシーポリシーに従って当社が当該情報を取り扱うことについて同意するものとします。

2.当社は、ユーザが当社に提供した登録情報、端末情報等及びその他の情報及びデータ等を、当社の裁量で、本サービスの提供及び運用、サービス内容の改良及び向上等の目的のために利用し、又は個人を特定できない形での統計的な情報として公開することができるものとし、ユーザはこれに同意するものとします。

3.当社は、ユーザが提携サービスの利用を希望するときは、ユーザから収集した登録情報、端末情報等、その他当該ユーザに関する情報を、当該提携サービスの利用に必要な範囲において、提携パートナーに提供することがあり、ユーザはこれに同意するものとします。

4.前項の他、当社は、第2項に定める目的及び提携パートナーによる提携サービスの提供を目的として、本サービスを通じて収集・解析した情報に関する統計資料を提携パートナーその他の第三者に提供することがあり、ユーザはこれに同意するものとします。

第 25 条 (著作権)

1.1. 「CLASS Ⅲ API」、付属のマニュアルなどの文書、付属のツールについての権限および著作権ならびにその他の知的財産権は、当社が有するものとします。ただし、「CLASS Ⅲ API」は、著作権およびその他の知的財産権を第三者が所有するソフトウェアもしくはサービスが、一緒に配付されたり、組み込まれていることがあります。これらのソフトウェアの著作権は各著作権者に帰属します。

2.2. 「CLASS Ⅲ API」において、翻訳済み訳文(オプションサービスによる訳文を含みます。)の著作物にかかる一切の権利(著作権法第 27 条および第 28条の権利ならびに二次利用をする権利を含みますが、翻訳対象物である原著作物の著作権者その他の第三者の有する権利は除きます。)は、ユーザーが自己のユーザー画面から訳文をダウンロードした時点で、当社からユーザーに譲渡するものとします。ただし、オプションサービス利用にかかる利用料が未払いであった場合は、支払完了時に譲渡するものとします。なお、本項は、翻訳済み訳文に関して二次的著作物として著作権が生じることを保証するものではありません。

3.3. 当社は、前項の権利譲渡完了後において訳文に関して著作者人格権の行使は行いません。

第 26 条 (損害賠償)

ユーザーが本規約に反した行為または不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、当社または第三者に損害を与えた場合、 当社はユーザーに対し、相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとします。

第 27 条 (準拠法)

利用契約に関しては、日本法を準拠法とします。

第 28 条 (管轄裁判所)

利用契約に関して生じた紛争については、東京地方裁判所をもって専属的合意管轄裁判所とします。

付則 本規約は、令和 元 年 6 月 4 日より実施いたします。
改 訂 ・適 用 令和 2 年 3月 19 日